滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

昭和を感じて

昭和を感じて

緑色の電車 比良山系 琵琶湖を見ながら走る

仕事の都合でいつもマイカー移動ですが、今日はJR湖西線で。
この線路は琵琶湖の西岸を走る昭和49年開業の昭和製です。

個人的には路線名をJR琵琶湖高島線にして!と言い続けているのですが論外のようです。

今日は鈍行・普通電車に乗りました。鉄の塊の緑色電車です。ガタンという衝撃とともに動き出します。窓ガラスはガタガタ、車体下のコンプレッサーが回ればビリビリと車全体が振動します。隙間風が入り車内は寒く誰もコートを脱ぎません。寒い! 発車のアナウンスはなく車掌さんの笛でドアが閉まります。そんな昔ながらの走りです。

昔ながらといえば、左右の車窓も建設当時と変わりません。雪景色の比良山系と母なる琵琶湖。のどかな暮らしとともに琵琶湖畔の里山風景が連なります。この景色、未来に残したい日本の原風景ですね!

ゆっくりと1時間、昭和を感じる一人旅になりました。

コメント

  • のんびりといいですね

    どちらへ行かれたんですか


  • Re: のんびりといいですね

    いつもありがとうございます。
    のんびりと京都方面へ行きました。営業です。



認証コード6932

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.7
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional