滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

鮒寿司づくり

鮒寿司づくり

鮒寿司づくり

日を分けて鮒の飯漬けをしました。鮒寿司づくりです。

先日、先輩漁師に分けてもらった塩漬けの鮒を一匹一匹丁寧にタワシを使って水洗いをします。

タワシを使うのは、塩抜きと鮒の表面のヌメリを取るためです。その後に水切り。

そして樽の中にビニール袋を敷いて、ご飯を詰めていきます。詰め終わったらその上に一段を六匹にして鮒を詰めます。

更にその上にご飯を・・・の繰り返しで全部で六段です。そしてビニール袋を閉じ、落し蓋と重石30kgを載せます。

ご飯は、昨夜に五升炊いておきました。先輩曰く、ご飯をケチったらダメ! ということで贅沢に使います。

ご飯には薄く塩をまぶしておき、焼酎で手を濡らしながらご飯を詰めていきます。この時の焼酎は、発酵を促進させる役割があります。

我家の鮒寿司には、あの特有の臭みがありません。おそらく、タワシでしっかりとヌメリをとっていることと、35度の焼酎が功を奏していると思っています。

12月が楽しみです。

コメント


認証コード8475

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional