滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

椋川交流館

椋川交流館

交流館

今日は高島市内各地へ調査に出かけることになりましたが、今津町椋川が楽しみでした。それは、「おっきん椋川交流館」を見たかったからです。

残念ながら休館日で詳しく伺うことができませんでしたが、新しくなった茅葺屋根など外観を見ると嬉しくなりました。

建築士として、また文化財保護の立場の一員として少しだけ係わってから、その後の活動の姿を見ていなかったからです。また機会があれば、交流施設として活躍している姿を見てみたいと思います。

交流館

私が初めて訪れたのは平成20年の秋です。解体が検討されていた傾いた屋根裏にのぼり感じたことは、巨額をかけて保存修復することへの疑問でした。

しかし、失われつつある高島の貴重な財産であることの認識は持っていました。問題は、保存と活用に使われる○千万円の費用でした。

そうした中、文化財の保存と地域活性化の拠点として活用していきたいという方々の熱意が実り、改修ができた「おっきん椋川交流館」です。皆さんの思いが実を結んでいるか? 機会を設けて訪れ確認してみたいと思います。

コメント


認証コード9868

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional