滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

石の上にも三年

石の上にも三年

薪棚積み

この春、林業に就いて三年の春を終えました。怪我や身体の故障はありますが何とか無事にやり遂げました。

写真は、今期生産の薪棚の様子です。手前は梅雨の間、雨風にさらしてカミキリムシの産卵を抑え、7月末ごろに屋根をかけます。

奥のネットは、カミキリムシを防虫ネットで寄せ付けないようにして屋根をかけています。この実証実験の答えは来年の秋になります。気の長い話ですね。

さて、石の上にも三年。
チェーンソーや薪割機、小型クレーン、ユンボなどの作業にも慣れてきましたが、伐採を続けて感じることは、山と木に慣れてはいけない!ということです。安全第一を考え、木の個性を見て、常に周りの状況を的確に把握する事。つまり慎重に作業することです。

慣れることは大事ですが、慣れは怖いですね。

さて、夏場は新しい山を探そうと思います。手入れを必要とする山はありませんか?

コメント


認証コード1640

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional