滋賀県産の「薪」と「炭」、「ドラム缶炭焼き窯」の販売、木の伐採、支障木伐採、近江薪炭塾

大事な目立て

大事な目立て

切れ味凄い

チェンソーを使うに当たって大切なことは、ストレスなく切れることです。

新品のソーを使えば難なく切れる大木も、クヌギのように硬い木を切り続けたり、うっかり石に当てたりすれば直ぐに切れ止むことになります。

そのようなときに役に立つのが目立て!
今日は、新メンバーの平井君に目立てを徹底的に習いましたが極意がいっぱいでした。

どこをどのように削るか? と同時に、ヤスリを使うときの人差し指の使い方が切れ味の差となります。試しに堀井君と共に、彼の使い込んだチェンソーで切らして頂きましたが、豆腐を切るかのように、いとも簡単に切れていきます。新品のチェンソー以上に切れるでしょ! というのが彼の言葉、なる程です。

早速、お昼過ぎに目立てをして臨みました。まだまだですが切れ味は格段に向上! 今日の収穫は実に多く嬉しい一日でした。

コメント


認証コード9069

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional