滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

薪ボイラー

薪ボイラー

薪ボイラー

今日の午前は雨、午後は雪となったので作業を中止し、市内のあちこちを訪問しました。

そのうちの一軒、午後に尋ねたH邸で念願の薪ボイラーを拝見させていただきました。

Hさんとは、私の提案する里山再生で意見が一致しています。

若い夫婦のH邸では、昔ながらの手法を取り入れながら、新しい材料や技で古民家を再生させています。

また薪エネルギーは、ストーブだけではなくボイラーも導入して風呂や台所の給湯、床暖房に使っています。

驚いたのは、土足で入る玄関の土間に絨毯を敷いて座っていることです。

部屋の床暖房だけではなく、土間にまで床暖房を取り入れていたのです。

古くて新しい里山の未来づくりを提唱しいる私ですが、4年間足踏みしている間に、私の想像以上に「古くて新しい里山の未来づくり」は進んでいました。

写真は、焚きつけ間もない薪ボイラーの中です。素晴しい!

ウィーンに行ったら、更に先進事例を勉強したいと思います。

コメント


認証コード9359

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional