滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

枝葉を粉砕

枝葉を粉砕

粉砕機

長らく、ひより農園さんに預けていた粉砕機を薪炭広場に運び、剪定した樫の木の枝葉を粉砕しました。目的は堆肥づくりです。

枝葉を一気に詰め込んでしまうと、機械内で詰まることがありますが、エンジンの回転を上げてパワーで粉砕すると、一定量を効率よく作ることができます。

要領が分かれば、非力な機械でも何とかなりそうです。

粉砕枝葉

これまで薪づくり、炭焼き、柴づくりに取組んできたので残るは堆肥づくりです。写真のように細かく粉砕した枝葉を使えば、良い堆肥が作れるはずです。

ただ、粉砕後は暫く雨に当てて野積みしておく方が分解が早まるとのことなので放置します。

秋以降に、鶏ふんと米ぬかを混ぜて発酵させますが、私のこだわり手法(付加価値)として、先に焼いた炭粉と木酢液を追加する予定です。

これで、一本のクヌギを「薪・炭・柴・堆肥」として完全利用できるプロジェクトの完成が見えてきます。

退職後は、農業と林業を!
今から準備中です。

コメント


認証コード6207

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional