滋賀県大津市・高島市で薪づくりと炭焼き

代掻き

代掻き

代掻き作業

通勤途上にある田圃にトラクターが入り、田植え前の代掻き作業がおこなわれました。

代掻きとは、耕起した田んぼに水を入れ、土を細かく砕き、丁寧に掻き混ぜて土を平らにする作業です。

これを写真のトラクターで行なっています。結構難しい作業で、経験が必要です。

このあと土が落ち着いたら苗を植えますが、これも田植え機械で行なう農家がほとんどです。この農家は、おそらくゴールデンウィークに田植えをされるものと思います。チョット気温が低いのが気になりますが・・・。

写真のトラクターはキャビンがついているのでエアコン完備と思います。高価なものです。農作業もすっかり機械化が進んでいます。

ブログ村人気ランキングに参加しています。下のバナーのクリックで応援をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント


認証コード6363

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional