滋賀県産の「薪」と「炭」、「ドラム缶炭焼き窯」の販売、木の伐採、支障木伐採、近江薪炭塾

鮒ずし

鮒ずし

鮒ずし

今日は、お正月用の鮒ずしを樽から出しました。昔から冬の保存食として、各家庭で作られています。

琵琶湖の近くで育った滋賀県人にとっては、鮒ずしは懐かしい家庭料理です。反面、独自の発酵臭が嫌で敬遠する人も多くいます。

我家の鮒ずしは、近江八幡市の老舗の方が作り方を教えて欲しい、と言われたほど僅かな臭いしかありません。

我家のお客さんは、エッ!ほんまに鮒ずし? といいながら美味しそうに食べてくれます。アメリカやオーストラリア、イタリア人も食べてくれました。

春に漁師さんからニゴロブナを購入して塩漬けします。夏の土用に飯漬けをして、冬に樽から出します。手間暇かけています。

私は妻と一緒に作っていますが、樽から出した鮒ずしは冷凍保存をして、食べるときにスライスをします。その方が綺麗に切れるのです。今風の出し方です。

お正月に、子や孫が帰ってきたときに食卓の一品として出したいと思います。大阪出身の娘婿は、喜んで食べてくれます。

コメント


認証コード2762

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional